1965年6月11日 読谷村、米軍パラシュート投下訓練トレーラー落下事故で小学生が死亡

f:id:neverforget1945:20190618232809p:plain

1965年6月11日、読谷で米軍がバラ降下訓練で使用中の2トン半トレーラーが落下、この時点ではまだ幼い少女はトレーラーの下敷きになったままであった。

 

1965年(昭和40)6月11日、旧読谷飛行場で行われていた米軍の戦場物資パラシュート投下訓練中に、重さ2トン半のトレーラーが読谷村親志の民家そばに落下しました。旧読谷飛行場と民家はわずか500メートルの距離にあり、小学校5年生の女の子が鉄板に載ったトレーラーの下敷きとなって死亡しました。当時、沖縄ではベトナム戦争の激化とともに演習も増えて事故が多発しており、パラシュート投下訓練によって死者が出る最悪の事態となりました。

1965年6月11日 読谷村で米軍のトレーラーが落下し小学生死亡 – 沖縄県公文書館

 

f:id:neverforget1945:20190618233201p:plain

 

日本軍基地 (北飛行場) があったため、米軍の上陸地点となった読谷は、戦後、米軍の一大拠点となり、読谷村の面積の約95%の土地を米軍が占有した。

 

 

読谷飛行場では1960年4月から頻繁に危険米軍空挺訓練(パラシュートによる物質等投下訓練)が実施されるようになり、人々は頭上の米軍の危機に怯えながらの生活を強いられていた。もちろん多くの住民が、ほとんど生まれ里にもどれない年月が続くのである。

 

故郷を奪われ、米軍の脅威に脅かされつつも、村民は、一つ一つ、基地返還運動をつみかさね故郷を取り戻してきた。

f:id:neverforget1945:20210610171122p:plain

『平和の炎』 Vol. 10, 読谷村総務部、 1998年、 3頁

 

住居地として返還された土地のその頭上ですら、平気でパラシュート降下訓練や吊り下げ訓練を行うのである。

 

1 9 6 3年1月1 7日、喜名のセメント瓦住宅に貨物が落下し損害を与えるとともに、同年4月3日には座喜味部落に落下。1 9 6 4年3月2 0日には、座喜味、親志、喜名の数十ケ所に4トン程度のコンクリートのかたまりやジープ、武器等が落下し、喜名から座喜味に至る県道1 2号線路上には弾薬の入った5 0ポンド木箱が落ち、パラシュート降下兵は住民地域や住居の屋根瓦に落下して損害を与えた。このような住民無視の米軍の空挺演習は絶えず地域住民を不安と恐怖におとしいれた。続発する演習被害に村民は日夜心配していた矢先に人命を奪う事故は引き起こされたのである。

『平和の炎』 Vol. 10, 読谷村総務部、 1998年、 3頁

 

読谷村議会は米軍に対し強い抗議決議で訴えた。

 

当村議会は、読谷飛行場において、米軍の落下傘降下演習による損害に対して演習の中止方に再三にわたり要請してきた。特に1 9 6 4年3月2 0日の降下演習において、親志、喜名、座喜味の演習地点付近の住民の屋根や宅地に貨物が投下され、大きな損害を蒙った。その後、付近住民は不安と恐怖におののいた矢先に去る6月1 1日、午後4時5 0分頃、しかも演習場から5 0 0米離れた、読谷村字座喜味2 3 0 6番地(宅地)にトレーラーが投下され、いたいけな幼い尊い人命(棚原栄録氏の長女隆子さん、小学校4年生)が失われた。この悲痛極まりない惨事に対し、われわれは非憤慷慨その極に達している。要は再び起きたこの惨事を防ぐ方法はただ一つしかない。これは現にこの犠牲者を出した落下傘の降下演習を住民地域において禁止する以外ない。

1965年6月12日 読谷村議会『米軍落下傘降下演習に関する抗議決議』

 

しかし、またも翌年の19661129日、演習中の米軍機から投下された8.5kgの風速測定用角材座喜味部落の民家に落下し、屋根瓦をぶち抜いて床上に激突する事故がおこる。

 

米軍はうんざりというほどこれを繰り返す。

 

日本軍が土地を強制接収し基地建設をしたために「敵」の「標的」となり、米軍に約95%の土地を奪われるという読谷村は、次から次へと続く米軍基地の不条理にひとつひとつ声をあげ、ひとつひとつ土地を取り戻してきた。

 

読谷補助飛行場とその他の米軍基地 (1972年時点)

f:id:neverforget1945:20200611163615p:plain

 

そして、現在・・・

 

f:id:neverforget1945:20210611035136p:plain

各課紹介:跡地利用推進課:読谷村内の米軍基地位置図 - 読谷村

 

もし、知識がなければ、歴史を知らなければ、反対運動は反日だ、などという印象操作に簡単に飲み込まれてしまうだろう。米軍に土地を提供し、膨大な思いやり資金を供出しながら、なんの軍事の知識もなく、軍が主張することを無批判で信じるようになるだろう。それは戦時中の日本の姿そのものだ。

 

f:id:neverforget1945:20210611094820p:plain

「それで何人死んだんだ」 松本文明内閣府副大臣(68…:問題発言集 写真特集:時事ドットコム

 

現在、今もなお

米軍は我が物顔で読谷の上空を吊り下げに使う。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ospreyfuanclub/20200226/20200226075932.png

 

 

そして、まだ事件の検証も声明もだされないうちから、またも読谷で吊り下げをおこなう。今度はフォークリフト

 

 

これが今も続く、

沖縄の米軍基地の現実です。

 

歴史は、いま、ここに、日本で生きる私たちの今につながっているのです。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■