2019年10月31日 首里城焼失

英国国営放送 BBC が伝える「世界遺産の首里城で火災、正殿などが全焼」 沖縄タイムスが報じた首里城焼失 琉球新報が報じた首里城焼失 首里城公式 HP 再建のための支援 朝刊を読む気力もなく朝を迎えた苦しみの一日。 いつかふりかえることができるように、…

2017年6月12日、元沖縄県知事 大田昌秀さん、ありがとう。

大田昌秀 (1925年6月12日 - 2017年6月12日) 今日は、元沖縄県知事・大田昌秀さんの命日であり、そして誕生日でもある。歴史学者、沖縄戦研究者としても、また沖縄県知事としても、彼の原点にあったのは、つねに沖縄への思い、沖縄戦の記憶だった。 沖縄が生…

2004年8月13日、沖縄国際大学に普天間のヘリが墜落炎上 - 日米地位協定に占拠された大学キャンパス、米軍は放射性物質飛散についての対応もせず

墜落直後、1~2分後には既に米兵が・・・。ヘリは墜落前に墜落場所を無線で通信した事を意味する。しかし、消防への通報は民間人が先だった。 (写真提供 宮里秀雄 宜野湾市ヘリ事故関連写真1〜9 ) 2004年8月13日に沖縄国際大学で起こったこと 消火させる…

1978年7月30日 730 (ナナサンマル)  - かつてのゴーパチは米軍によって米軍のために作られた。沖縄の明日への道はどこに続いていくのだろう?

琉球朝日放送「きょうは何の日」730の日 今日はナナサンマルの日。 1978年7月30日、この日から 沖縄の道は右側通行から左に切り替えられた。 その日をふりかえってみたい。 沖縄戦と一号線(現国道58号) 1945年4月の1号線 1945年5月の1号線 1945年6月の1…

1972年5月15日 通貨切り替え ~ 「本店を向いて仕事をするな、沖縄を見て仕事をせよ」

那覇支店の歴史|日本銀行 那覇支店 Qリポート 日銀旧店舗取り壊しへ – QAB NEWS Headline Qリポート 日銀旧店舗取り壊しへ琉球朝日放送 報道制作局 2011年1月19日 那覇市久茂地にある、日本銀行那覇支店の旧店舗が、先頃、民間に売却されました。本土復帰の…

1972年5月15日 『沖縄返還』!? ~ 沖縄県の「建議書」は無視され、沖縄不在のまま強行採決 ~ そもそも沖縄は未だ「返還」されていない ~

沖縄返還、 とは何だろうか。 もう一度言う。 なにが本土復帰なものか。 どのように「沖縄不在」の「沖縄返還」が行われたのか、簡単にたどってみよう。 沖縄県は、沖縄抜きで日米が勝手に進める沖縄の「本土復帰」に危機感を持ち、 総力を挙げて「復帰措置…

1969年7月8日、知花弾薬庫 (現在の嘉手納弾薬庫) で毒ガス事故 ~ 在沖米軍の化学兵器

1969年 7月8日 知花弾薬庫で毒ガス事故発生 7月18日 ウォール・ストリート・ジャーナル「神経ガス事故」を報道 7月22日 立法院「毒ガス兵器の撤去を要求する決議」を採択 事件後、化学兵器を沖縄の海岸に投棄 1970年 12月5日 米軍「レッドハット作戦」を発表…

1968年11月19日 - 嘉手納基地 B-52 爆撃機炎上事故

1968年11月19日午前4時15分、嘉手納基地で、爆弾を満載した状態の B-52 爆撃機が離陸に失敗、滑走路の延長線上で爆発、炎上した。 事故現場のすぐ先には知花弾薬庫(現在の嘉手納弾薬庫地区)があったが、機体が弾薬庫地区の250m手前で止まり、 ぎりぎりで恐…

1965年6月11日 米軍パラシュート投下訓練で落下事故、読谷村、小学校5年生の女の子が死亡

1965年6月11日 読谷村で米軍のトレーラーが落下し小学生死亡 – 沖縄県公文書館 1965年(昭和40)6月11日、旧読谷飛行場で行われていた米軍の戦場物資パラシュート投下訓練中に、重さ2トン半のトレーラーが読谷村親志の民家そばに落下しました。旧読谷飛行場…

1959年6月30日『宮森小学校ジェット機墜落事故』 ~ いつ再び起こってもおかしくない米軍機事故

《AIによるカラー処理》1959年6月30日『宮森小学校ジェット機墜落事故』 1959年 6月30日火曜日午前10時40分。 子どもたちは学び舎にいた。 うるま市石川の上空を飛行中の嘉手納基地所属F100D戦闘機が突然火を噴き、宮森小学校近く住宅地に墜落。衝撃で…

1957年5月18日 オリオンビール株式会社の設立 ~ 沖縄戦、地獄の摩文仁から生還した男、いくさで死ぬより生きることを選んだ具志堅宗精

《AIによるカラー処理》From Mr. Donn Cuson's collection: According to Mr. Cuson, the photo was taken by an American teacher at Sukiran Elementary, 1954-55. 具志堅宗精は宮古民政府の知事を退任後、1950年に現在の赤マルソウの前身「具志堅味噌…

4月28日『屈辱の日』の屈辱

1952年4月28日、『屈辱の日』 2013年4月28日、安倍内閣『主権回復の日』の祝典 2016年4月28日、元海兵隊員うるま市女性殺人事件 そして、問われる今 1945年4月28日、 日本軍は沖縄そのものをまるごとその反対斜面 (reverse slope) 戦術に利用した。 米軍は捕…

1948年8月6日 『伊江島米軍弾薬輸送船LCT 爆発事故』 - 基地と重層的差別構造

《AIによるカラー処理》 爆心地から30~35メートル離れた地点に散乱する遺体を前にする地元民。 X印が爆心地、XX印が爆発した輸送船の残骸。 1948年8月6日 伊江島米軍弾薬輸送船爆発事故 – 沖縄県公文書館の記録写真 1948年8月6日、午後5時過ぎ 伊江港…

1945年9月7日 琉球列島の降伏調印式 - 沖縄戦はこの日、第32軍の降伏調印式でもって「公式」に終了した

琉球列島の降伏調印式。沖縄本島にて。先島群島の司令官(指令部は宮古島にある)納見敏郎中将 (第1調印者)。(1945年9月7日撮影) The signing of the surrender papers for Ryukyus at Okinawa. Lt. Gen. Toshiro Nomi signs for surrender of Sakishima G…

1945年9月6日 明日、沖縄県民を巻き添えにしながら地上戦を展開した第32軍が正式に降伏する

沖縄戦とは何か、深く知るためのQ&A - 沖縄:朝日新聞デジタル 明日、沖縄県民を巻き添えにしながら地上戦を展開した第32軍(沖縄守備隊)が正式に降伏する。 組織的な戦闘が終わったとされた6月23日から、約2カ月半が経過してのことだ。 第32軍司令官や…

1945年9月5日 「祖国という観念」とは

仮設病院施設。沖縄にて。/ Okinawa. Temporary hospital facilities. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 沖縄人にとって「祖国」とは、なんだろう。 琉球王国という「国」を処分され、大日本帝国に併合されたあとは、沖縄人の「祖国」は、いきなり日本…

1945年9月4日 「お国」とはどこなのか

写真解説: 【原文】 Disarmed and searched for contraband, Jap officers and men are marched away under guard of alert marines whose feelings toward Japs have not been affected by the signing of peace terms.【和訳】 武装解除され、禁制品を検…

1945年9月3日 くだらぬ軍とプライドと儀式

【和訳】 本部半島における降伏式に先立ち、ディヴェイン大尉(ヘルメットを着用、ノースカロライナ州出身)と話す通訳のブラウン中尉(ニュージャージー州出身)。大尉は第7海兵師団の諜報担当将校で、中尉とともに降伏式の準備にあたった。2人が話している…

1945年9月2日 「神」が「鬼畜米英」に感動するいう「オチ」の調印式

1945年9月2日、USSミズーリ艦上でリチャード・サザランド中将が見守る中、降伏文書に署名する重光葵外務大臣、右随行の加瀬俊一 日本の降伏 - Wikipedia きょう、日本国は「鬼畜米英」を中心とした連合国に降伏した。 一説によると、降伏調印式が行われた米…

沖縄戦で日本軍の「補助看護婦」だった朝鮮人女性たちのこと

Nurses on Okinawa, Ryukyu Islands. Navy nurses at the hospital for Japanese prisoners talk with Korean nurse's assistants. (L-R): Lt. (jg) D. B. Williams, (NC) USNR; Lt. (jg) M. E. Williams, USNR; Lt. (jg) K. E. Tasker, (NC) USNR; Lt. M. E…

1945年9月1日 朝鮮から「商売のためにやってきた」といわれた女たち

【和訳】 日本軍によって連れてこられた、朝鮮人の「芸者ガールズ」。座間味島にて。撮影地: 座間味島撮影日: 1945年 4月 21日 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 (写真)沖縄県南風原町の沖縄守備隊第32軍津嘉山司令部壕跡などの施設から出土した「…

朝鮮人軍夫と沖縄戦

「内鮮一体」というレトリックで「徴用」されていった朝鮮人軍夫の沖縄戦とは□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □【シリーズ沖縄戦】74年前の今日1945年8月31日 『牛馬以下にあつかわれて』□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 74年前の阿嘉島で、 陣地構築作業の合間…

1945年8月30日 沖縄は、今も、昔も、アメリカ世

辺野古、機動隊の排除続く きょう、マッカーサー元帥が日本本土に上陸した。 この時から、日本全土がアメリカ世(ゆ)になったのだ。 戦勝国の最高司令官は、大日本帝国の「神」以上の権力を持った。 この時から、日本は米軍の「警備」を任される。 73年前は、…

1945年8月29日 進駐軍(アメリカ軍)の要求は、今も昔も変わらない

琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス » 「辺野古唯一の解決策」2プラス2 進駐軍(アメリカ軍)の要求は、今も昔も変わらない。 無理難題を要求し、それに日本が応えられるかどうかを試しているようでもある。 73年前のきょう、日本国は翌日に控えたマッカーサ…

戦争で引き裂かれた心

【和訳】 連合軍政府によって収容された沖縄住民撮影地: 屋嘉部撮影日: 1945年 6月 激しい空爆や戦闘、栄養失調や伝染病などを乗り越えて、生き残って捕虜になったにもかかわらず、精神的に追いつめられてしまい、自殺した人たちがいる。 もうしばらくすれ…

1945年8月27日 戦争の孤島

琉球列島のレクリエーション用の島にボートでパーティにでかける米兵。彼らは、ビール、軽食、スポーツ器具を持参している。(1945年8月27日撮影) Boats bringing men to Recreation Island, Ryukyu Retto for recreation party. Men bring their own beer,…

産経・宮本雅史が「護郷隊」について書いた本は歴史書・ノンフィクションの装丁を装っているが、小説です

少年ゲリラ兵、マラリア、住民虐殺── 『沖縄スパイ戦史』が描く戦争の実相 - VICE □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 【シリーズ沖縄戦】74年前の今日 1945年8月27日 『連合国軍の日本進駐』 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 74年前の今日 午後一時、 横浜の相模…

1945年8月23日 アメリカ軍にとって「必ず役に立つだろう」沖縄とは

沖縄にある連合軍司令部地区(1945年8月23日撮影) The Allied Supreme Command Headquarters area on Okinawa. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 住民復興計画をきちんと立て、実行し、アメリカ軍の現在、将来の沖縄の基地利用計画と調和させるならば…

「皇軍」の「皇軍」による「皇軍」のための虐殺 - それは久米島だけにおこったことだったのか

久米島の日本軍 海軍通信隊の鹿山正隊長と陸軍中野学校の上原敏夫 - Battle of Okinawa □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 【シリーズ沖縄戦】74年前の今日 1945年8月20日 『見せしめのために殺す』 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 74年前の今日 日本の「終戦の…

「伊江島飛行場」日本軍が作って米軍が使うという基地の様式

1945年4月21日、「伊江島の戦い」は、本当に終わったのか - ~その時、沖縄は~ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 【シリーズ沖縄戦】74年前の今日 1945年8月19日 『伊江島に降り立った日本降伏使節団』 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 74年前の今日、 伊江島…