1962年10月28日、世界に起こったかもしれない沖縄核クライシス ➀ 米軍準機関紙『星条旗新聞』の記事から

f:id:neverforget1945:20201231105409p:plain

 

 

アメリカ軍の準機関誌『星条旗新聞』が伝える沖縄の核兵器の記事をご紹介。国防総省のなかに居を構えながらも独立したメディアとしてよい取材をする Stars and Stripes がこの疑惑をどのように取材したのか、記録しておくのもいいだろう。

 

アメリカが2016年にはっきりと明確に事実として沖縄の核配備を公表する以前から沖縄の核兵器配備は公然とした事実だったことを示すものでもある。

 

核兵器は核の抑止になるのだろうか。キューバ危機で凍った世界は、核戦争の奈落にいつ何時でも転げ落ちる場所にいた。そしてその地獄の核戦争の淵へと追い込まれていたのは、沖縄だった。

 

沖縄には常時計16基のメースB核ミサイルが

極秘核兵器ミサイルサイトの内側で

Inside the Nuclear Arsenal

星条旗新聞、2015年12月23日

 

1962年の終わりに、空軍は沖縄に読谷、ホワイトビーチ、恩納ポイント、金武町の4つの秘密核ミサイルサイトを建設しました。各サイトには、キューバミサイル危機の際に8基のメイスTM-76A核ミサイルが収容されていました。飛行機のように水平に離陸した新しい変種は、1,400マイルの航続距離と、水上を長距離飛行できるように新しく開発された誘導システムを備え、ウラジオストクソビエト連邦に、共産主義の首都を中国、北朝鮮ベトナムに配置しました。

 

f:id:neverforget1945:20201231104827p:plain

空軍の発射クルーは、パスワードを使用して強化されたセキュリティドアをクリアし、1960年代に沖縄の極秘核ミサイルサイトに入りました。(George Mindling提供)
 

嘉手納基地から乗り物を乗り換えて第873戦術ミサイル戦隊のミサイルが到着した。各ミサイルサイトは、5人の入隊した整備士、下士官と発射士官の2人の別々の乗組員で構成されていました。彼らは、インターホンで10トンのセキュリティドアに到達する前に、境界セキュリティを通過しました。最初のパスワードで彼らは別の10トンのドアと2番目のインターホンに面した保管場所に入れられました。アクセスには最終的なパスワードが必要でした。間違えば、プロセスを繰り返すことになります。

 

内部のバンカーには、発射センター、乗組員休憩室、ミサイルと発電機のある発射ベイが含まれていました。乗組員はメイスミサイルを「リサイクル」し、ローテーションで降ろしてシステムをチェックし、メンテナンスを行います。発射担当官と入隊した整備士が発射センターに人員を配置し、嘉手納のミサイル運用センターからの連絡を取りました。

 

ミサイルズは、サイトが廃止された1961年から1969年の間に打ち上げはなかったと述べたが、訓練は日常的だった。実際の核発射では、警官が2つの発射ボタンを同時に押している間に、航空機整備士がクランクを回して遠心力の勢いを作り出す必要がありました。クランクとボタンは離れていたので、誰も核ミサイルを単独で発射することはできませんでした。ミサイルは、クランクを回したり、発射ボタンのシールを破ったりすることなく、ドリル中にプロセスをパントマイム化します。

 

1962年10月28日に読谷残波岬でおこったこと

この事件は2015年に国連でも問題になった。

 

冷戦のミサイル発射命令は打ち上げ寸前で阻止される

Cold War missileers refute Okinawa near-launch

星条旗新聞 公開日:2015年12月23日

 

沖縄の極秘バンカーの奥深くにあるガンポイントで、2人の空軍兵が空軍の核ミサイル乗組員を抑え込んでいた。

 

キューバミサイル危機1962年10月に悲惨なクライマックスに達したちょうどその時、乗組員はソビエト連邦とアジアの標的に沖縄の核ミサイルを発射するように命じられたばかりでした。しかし空軍発射官は命令に反論していました。

 

上官は「あそこに45口径の銃を構えた2人の男を送り、状況が解決するまで発射しようとした人を撃つように言われました…それで、私たちが何をすべきかを決定する間、それらの2人の男はその乗組員全員を寄せ付けませんでした。 」と、1962年10月28日に勤務していた沖縄を拠点とする第873戦術ミサイル飛行隊の核ミサイル整備士であるジョン・ボードンは述べた。

 

f:id:neverforget1945:20201231112218p:plain

沖縄県読谷村のボロポイント核ミサイルサイトの空中写真。ジョン・ボードンは発射命令を受けたと主張している。  (Dennis Fitzsimmons提供)

 

米政府とソ連政府がキューバのミサイルサイトをめぐって対峙したとき、世界がどれほど戦争に近づいたかを示すもう1つの例として、ボードンの53年前の米国の核の発射間近の冷戦物語が浮かび上がってきました。専門家と反核支持者は、新しい証拠としてBordneの説明を声高に追求し、軍による調査と開示を求めています。

 

しかし、生き残った空軍ミサイル兵は、彼らの多くが初めてインタビューを受けたが、星条旗にその説明は信じがたいと語った。この新聞による調査は、ボードンの主張を撃墜する彼らの試みが無視されたか隠されていたことを見出しました。

 

この論争は沖縄の米空軍核発射クルーのあまり知られていない世界を我々にしめします。彼らの多くは本国の訓練から出てきたばかりで従軍した若い男たち、半世紀以上も前に世界で最も危険な瞬間の一つに、強化された掩蔽壕の一つからソビエトを監視し続けました男たちである。


'いい考え'

「私が持っていた気持ちを説明することはできません。それは私が一度だけ経験し、それ以来経験したことのないもので、骨が凍るようなしびれ感です」と、ボードンは10月にニューヨーク市の国連パネルに提示されたビデオで思い出しました。

 

ボードンは、1962年10月28日のシフトで2級の空軍兵であり、他の6人の空軍兵と発射士官もどうようでした。彼らは沖縄の西側にある読谷村掩蔽壕に群がり、核弾頭のメイスミサイル4発が準備されていました。

 

f:id:neverforget1945:20201231113355p:plain

沖縄の第873戦術ミサイル飛行隊の若い空軍兵としてのジョン・ボードン。(John Bordne提供)

 

少なくとも他に三人のクルーが沖縄の他の掩蔽壕にいて、それぞれが四つのミサイルを担当し、彼らは嘉手納空軍基地から発射命令を受け取っていた、と星条旗新聞がインタビューで確認したボードンは語っている。

 

1962年10月の最後の週末は、米国とソビエト連邦の間のミサイル危機のクライマックスでした。両国は、ソビエトの核ミサイルを米国本土のほとんどの範囲に配置するであろうキューバのサイトをめぐる核戦争の危機に瀕していた。

 

あの沖縄で、ボードンは、動揺した入隊した空軍兵と乗組員の船長が嘉手納からのコード化された命令が正しく解釈されたことを確認し、核発射を開始するために使用される安全なポーチを開けたと言いました。

 

キャプテンのポーチには「各ミサイルの鍵と実際の目的地が入っていた」とボードン氏は語った。

 

しかし、キャプテンとクルーは、標的リストを見た後、命令を拒否し、反逆罪で射殺される可能性があると述べた。退役軍人グループのTACミサイルズによると、キャプテンのウィリアム・バセットは現在死亡している。1962年のその日に勤務していた他の将校は、主張を裏付けるものを見つけることができませんでした。

 

f:id:neverforget1945:20201231114812p:plain

グループTACMissileersのベテランメンバーは、フロリダで10月の再会を開催します。 (ランディコッポラ氏による)

 
「すべてのミサイルを発射しなければならないと言われたが、ロシアに向けられたミサイルは1つだけであり、ロシアと米国の間の核の「やりとり」に他の国を関与させなければならない理由がまったくわからなかった」とボードンはビデオのなかで述べた。


状況が不透明な中、別の沖縄のクルーを指揮する中尉が核攻撃を進めていた。ボードンは、上官のキャプテンが部員を引きあげさせ、中尉と中尉のクルーを銃で阻止し、彼らを遠ざけるように、その発射センターに2人の空軍兵をむかわせたと言った

 

ミサイル誘導システムの整備士であるボードンは、彼がしっかりした考えを持っていたと言いました。彼はキャプテンに、発射命令を出した空軍少佐は動揺していないようで、間違いを犯したかもしれないと語った。キャプテンは彼に「それは良い考えだった」と言い、嘉手納の少佐に発射命令を確認するか取り消すように頼んだ、とボードンは言った。

 

「そして、おそらく2、3秒後、非常に神経質な少佐がスタンドダウン命令を出すインターホンにやって来て、それから私たちはお互いをちょっと見つめ合ったのです。私たちは地球全体を絶滅に追いやってしまったかもしれなかった」と彼は言った。

 

「人を追跡するタスク」

ペンシルベニア州ブレイクスリーのジョン・ボードン(74歳)は、核危機をまねいた発射の話を語っている唯一の人のようです。彼の乗組員の他のメンバーは、星条旗新聞による調査にもかかわらず、もはや生きていないか、説明することができませんでした。

 

この話は尋常ではない証言だったので、彼は(2015年)10月28日反核グループとチリの国連ミッションが主催するイベントで国連本部のパネルにそれについて話すよう招待されました。チリ大使はそれを「私たちの文明の進路を永遠に変えたかもしれない事件」と説明しました。

 

f:id:neverforget1945:20201231120221p:plain

John Bordne(国連のビデオ提供による写真)

 

質疑応答のセッション中に、参加者は、スカイプ経由で登場したボードンに、自分の説明を支援している他の空軍ミサイルと連絡を取っているかどうかを尋ねました。約200人のメンバーを擁するTACミサイルズ退役軍人グループは、同じ日にフロリダ州オーランドで再会を開催していました。

 

「そこには、誰かが何かを覚えているかどうかを尋ねるために同期会再会に行く人と連絡を取っている仲間がいます」とボードンは言いました。

 

ちょうどその時、パネル司会者のアーロン・トビッシュが会話に飛び込んだ。核兵器廃絶のための国際キャンペーンを指揮するトビッシュは、この打ち上げ間近の物語のすべての詳細を記録するために6か月間ボードンと協力し、彼のグループである平和首長会議はボルドネを国連に連れて行くのを助けました。

 

「他の人々は何かが起こったことを感じたかもしれないが、それはミサイルの残りの人々に詳細に明らかにされなかった」とトビッシュは言った。「人を追跡するのはちょっとした作業です。」

「私たちはそれに首を突っ込んでいたでしょう」

ノースカロライナ州ソールズベリーのジーン・スティルワルト(74歳)は、次のように述べています。「そんなことは私が私であると同じくらい確実におこってはいなかった」

 

スターズアンドストライプスへのインタビューで、キューバミサイル危機の際にボードンと共に沖縄ミサイルサイトに配属された他の6人の空軍兵は彼の説明の真実に異議を唱えた。また、空軍は、その歴史家が疑惑に思っている件を調査したが、それの記録を見つけることができなかったと言いました。

 

スティルワルトは、1962年10月下旬に沖縄で第498戦術ミサイル班 (498th Tactical Missile Group) の下に新しく設立された極秘の第873戦術ミサイル飛行隊 (873rd Tactical Missile Squadron) に核兵器の技術師として割り当てられた若い空軍兵の1人でした。

 

彼は、核弾頭の保守を担当する入隊した空軍兵であり、別の重要な任務を負っていました。核ミサイル飛行隊の標準化チームのメンバーであり、品質管理チェックを実行し、発射クルーの行動をレビューしました。

 

彼は、キューバ危機についての10月28日の飛行隊ブリーフィングと、彼のシフト中に3つの警告があったと述べた。「しかし、この男[Bordne]が言っていることとは程遠い」。

 

f:id:neverforget1945:20201231124106p:plain

上: 1962年に沖縄の空軍核ミサイル飛行隊の親司令部である第498戦術ミサイルグループのパッチ。(ジョン・ボードン提供)

 

f:id:neverforget1945:20201231124600p:plain

下:デイブ・クーパーは1962年に沖縄の核ミサイル保守を担当した飛行士でした。(デイブクーパー氏から)

 

「もし実際に打ち上げが近づいたとしたら、核兵器でこれがどのように起こったのかを誰かが見つけなければならなかったので、私たちのクルーと他の標準化クルーはこれに首を突っ込んでいただろうと私は確信しています。 」とスティルワルトは言った。

 

デイブ・クーパーが最初にボードンの説明を聞いたとき、彼は「それはクレイジーだと思った」。

 

テキサス州ハンブルのクーパー(73歳)は、873番目の発射クルーのミサイル推進システムの保守を担当する空軍兵でした。彼は、ミサイルサイトをボードンの乗組員と共有し、各乗組員が別々に4つのミサイルを担当した可能性があると述べたが、2人の男性がその日曜日に同じシフトで働いたかどうかは不明である。

 

「最も明白な[エラー]は情報をターゲットにすることです」と彼は言いました。「ジョン・ボードンがそのターゲティング情報を知る方法はありません。」

 

元空軍ミサイルのジョージ・マインドリングは、約8年前に最初にボードンの打ち上げ間近の話を聞いた。彼と共著者が核ミサイルプログラムの歴史に関する本である米国空軍戦術ミサイル1949-1969を書いている間、彼は2006年と2007年に主張を調査しました。

 

かつては極秘だった沖縄などのミサイル計画は極秘解除され、空軍兵が経験を振り返る。しかし、マインドリング氏は、インタビューと入手可能な軍事記録は、ボードンの物語を裏付ける証拠を提供していないと述べた。

 

結局、それは「私たちがテーブルに残した物語の1つ」だったと彼は言いました。

 

f:id:neverforget1945:20201231124951p:plain

 メイス核ミサイルは、1960年代に沖縄の発射場に展示されています。(提供:George Mindling)

 

「私は彼にそれを公開しないように言いました」

疑惑の核発射のニュースは、日本で今年初めにブレイクした。

 

国内最大の通信社である共同通信は、3月14日に確認済みの記事を公開した。それは情報源としてボードンを引用し、「他の元米国軍人もインタビューを受け、発射命令が出されたことを認めた」と主張した。

 

共同通信の受賞歴のある上級記者太田昌克は、第二次世界大戦からの日本の強い反核感情と沖縄での米軍の存在に対するその混合した感情をつきうごかすような主題であるニュースを追跡するために米国に取材に来た。

 

彼の旅行中に、太田はペンシルベニア州のボードンとネバダ州の空軍退役軍人ラリー・ハヴマンとテネシー州のビル・ホーンと会いました。両方の男性は、キューバミサイル危機の間に873日にボードンとともに従軍していた。

 

テネシー州クックビルのホーン(72歳)は、スターズアンドストライプスに「私は彼にそれを出版すべきではないと言った」と語った。

 

核弾頭の保守を担当する空軍兵のホーンは、数年前にボードンがその話で彼に近づき、それが間違っていると確信していると述べた。ボードンと同じ任務を負っていたHavemannも、発売間近を疑っていました。

 

「私はそれを本当に信じていなかったので、私はその話について非常に心配していました」と彼は言いました。「[打ち上げ順序]は誤解された可能性のあるメッセージだと思いました。」

 

f:id:neverforget1945:20201231130435p:plain

キューバミサイル危機の最中の1962年10月28日のスターズアンドストライプスのフロントページ


匿名の情報源

共同通信は、3月の記事や、ホーンとハヴマンを特集したキューバミサイル危機について発表したフォローアップ記事で、ニア発射の疑いを報告したことはありません。

 

「Bordne氏の証言を無効にすることができる客観的な反証はありません」と太田氏はStarsandStripes宛ての電子メールに書いています。

 

太田氏は、ボードンの説明の真実は4人目の空軍兵にかかっていると述べた。共同通信の話は「別の身元不明の元クルーによってはっきりと確認された」と太田は書いた。

 

星条旗は、インタビューを通じて、ボードンとおなじクルーに仕えた人物の情報源を特定し、彼の名前が使用されないことを条件に、1962年10月28日、インタビューした。

 

「私はパワールームに戻ったのですが、彼らの言っていることをすべて聞き逃しました。ジョンが6か月または1年前に私に言うまで、私たちが打ち上げ命令を出したことを私は知りませんでした、そしてそれは私にとって驚きでした」と彼は言いました。「私はそれについて何も知りませんでした。」

「質問で炎上する」

アーロン・トビッシュは、5月にペンシルベニア州のレッドロブスターレストランで3時間の昼食のためにボードンに会いました。

 

ビッシュは太田の日本からの報告を読んでいて、ボードンに会いたがっていた。核ミサイルの危険性は、平和首長会議の2020年ビジョンキャンペーンの国際キャンペーンディレクターとしての彼の仕事の中心的な焦点であり、今後5年間で兵器を廃止することを望んでいます。

 

 

「その話の主な情報源は私に会うことをいとわなかった、そして私は彼に尋ねたかった質問でいっぱいだった」と彼は彼のフェイスブックフィードに書いた。「これは、世界中の誰もが知る権利がある物語です。今だけ日の目を見るのは衝撃的です。」

 

f:id:neverforget1945:20201231131357p:plain

空軍兵は、1960年代に沖縄の秘密の核ミサイルサイトの発射センターに立っています。(George Mindling提供)

 

2人は次の6か月で約50通の電子メールを交換し、Bordneは未発表の回想録の一部をTovishと共有しました。Tovishは複数のStars andStripesのコメント要求に応答しませんでした。

 

10月25日、Tovishは、原子力問題と軍縮に焦点を当てた「事実に基づく討論」を提供すると述べているジャーナルである原子力科学者会報に、Bordneとその発表が近づいているとされることについてのコラムを公開しました。

 

より深い調査を促すこのコラムは、米国および海外の報道機関によって取り上げられ、再発行されました。

 

「Bordneの証言が明確に確認されていないことを認識しています。しかし、私が確認できた事柄については、彼は一貫して誠実であったと思います」とトビッシュは書いています。

質問がすぐに出てきました

ビッシュのコラムに対する疑惑はほとんどすぐに現れました。

 

キューバミサイル危機の際の873年の元ミサイルシステムアナリストであるビルスピッツァー(75)と1965年に沖縄でミサイルを務めたデニスフィッツシモンズは、物語が偽物であると信じて詳細な反論を提供したことをトビッシュとブレティンに通知した。

 

ブレティンの編集長であるジョンメックリンは、ミサイルの苦情を真剣に受け止めていなかったとスターズアンドストライプスに語った。メックリンはこの新聞へのインタビューに続いてスピッツァーに連絡を取りました。

 

彼は、出版前にトビッシュと太田と一緒にコラムを精査し、両方とも、ボードンの主張を検討するミサイルを見つけることができないと彼に言ったと述べた。

 

「あなたや他の誰かが、ボードンの話に本当に疑問を投げかけるような実質的なものを公開したり、私に来たりした場合…それから、その趣旨で何かを公開します」と彼は言いました。

「恥ずかしい出来事は時々隠蔽される」

「確かに、さらに調査する価値があります」と、ワシントンDCのジョージワシントン大学の歴史と国際問題の教授であるジェームズハーシュバーグは述べています。

 

 

Image_53048920.jpgそれに直面して、Bordneの主張は前例のないことではありません。冷戦中の核に近い発射と事故の同様の主張が浮上しました。たとえば、キュ​​ーバのミサイル危機の間に米国の標的に核魚雷を発射しそうになったソビエトの司令官などです。

 

f:id:neverforget1945:20201231104827p:plain

空軍の発射クルーは、パスワードを使用して強化されたセキュリティドアをクリアし、1960年代に沖縄の極秘核ミサイルサイトに入りました。(George Mindling提供)

 

ハーシュバーグ氏は、退役軍人や他の参加者の記憶は数十年が経過した後は信頼できない可能性があるため、軍事記録は歴史的なパズルに貴重な新しいピースを提供する可能性があると述べました。

 

ジョージワシントン大学の国家安全保障アーカイブは、空軍から沖縄の核ミサイルユニットの完全な歴史を求めています。アーカイブの上級アナリストであるビル・バー氏は、夏に情報要求を提出したが、サービスが応答するのに最大8年かかる可能性があると述べた。

 

それでも、すべての公式の軍事記録の会計でさえ、Bordneの主張をめぐる論争を解決しないかもしれないと、原子力事故についての本を研究して出版したスタンフォード大学政治学教授であるスコット・セーガンは言った。

 

「事件が[戦隊の作戦]の歴史に言及されていれば、それは明らかに強力な確認となるでしょう」と彼は電子メールで書いた。「しかしそうでない場合、恥ずかしい出来事が隠蔽されることがあるので、それが強い否定であるとは考えられません。」

「神に感謝」

「それについて話すことを許可されたのは私だけだ」とBordneはStarsandStripesに語った。

 

彼に異議を唱える他のミサイルは、キューバのミサイル危機の間に任務に就くことについて嘘をついているか、またはニア発射について議論することで空軍の承認を受けないことを恐れているのだと彼は言った。

 

f:id:neverforget1945:20201231132137p:plain

第873戦術ミサイル飛行隊の一部であったBordneの核発射クルーのためのパッチ。(John Bordne提供)

 

現在、冷戦論争の中心にある空軍兵は、厚手の原稿、打ち上げ間近の回想録、そして彼が出版したいと望んでいる空軍での彼の時間の回想録を持っています。

 

ボードンは、1962年に沖縄のミサイル掩蔽壕から出てきたときに、疑惑の事件について書くことを最初に思い描いたと述べた。

 

「その朝は私にとってなじみがあり、昨日の朝と同じくらい晴れています。これは53年後のことです。空はどれほど澄んでいて、非常に明るい雲がいくつかあり、完璧なそよ風と完璧な気温がありました。 」彼は国連パネルに語った。

 

彼の話では、ミサイルはバンカーから日光に向かって、それぞれ黄色い帽子をかぶって、長い黄色の線を形成していました。Bordneは、海と陸の美しい香りを取り入れたと言いました。

 

「それが神の言い方であるかどうか、 『私の創造物を保存してくれてありがとう』とよく思っていました」と彼は言いました。

tritten.travis@stripes.com
Twitter:@Travis_Tritten

 

確認のためのリンク

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■